明日の晩御飯は肉じゃがにする

ご無沙汰しております

気づけば1年以上経っていました(やっほーい

このブログ自体すごい昔の話のようで本当に玉手箱ですね(?)

 

前回の投稿から1年ちょっと、、、

時が経つのは早いものですね(何回言うねん)。私も着実に大人になっているわけです。いつまでも女子高生の痴漢話を擦ってはいませんよう。今となってはお酒の力を借りて堂々と触ろうとしてくる男性が多々でございますので、ちょっとやそっとの痴漢なんぞ大したものじゃないのです。お酒の力なんぞ借りずまっすぐ気持ちを伝えて味噌。ただ一晩過ごしたいだけなら他を当たってくれと思うばかりです。ハグするのも手を繋ぐのも酔った勢いでやってしまおうという浅はかな考えが見え透いてしまいます。あまりかっこよくないです。控えましょう。

そう、少女はあっという間に大人の階段を登るのです。いつまでもお尻を触られて怯え泣いてる子どもじゃないのです。今、痴漢されて暗い気持ちになっている方も数年経てばこれほどまでに冷めた感情を持つようになるかもしれませんね。最近では痴漢をする方に興味すらあります。その方にどんな過去があって何を補完したいのかそこが気になるのです。人は過去に足りなかったものを補う習性があると言いますからね。どこでやっていいこととダメなことの線引きを間違えたのか気になるのです。分かったところで何が得られるわけではないのかもしれませんがね、、、、

 

 

人って多くの人が知られたくない過去を何かしら持ってると思うんです。私の隣に座ってる教科書を持ったまま寝てる中学生も、携帯で麻雀をしてる大学生も、しかめっ面してる小太りの男性もみんなみんないろんな事を経験しているはずなのです。ただ、その経験を言いふらしたところで自分が薄まるばかりな気がするのです。経験について考えることが重要だと思うのですよこの頃。色んな立場になって色んな人の感情を知って優しい強い人間になりたいのです。この時、この場面になった人はどんな気持ちになるのかそこを知りたいのです。

 

ちょっと何が言いたいのかうまく伝えられているか分からなくなってきたので(面倒臭くなってきた)ここらで終わりたいと思います(急

 

結局何が言いたいかというと、肉じゃが(マイブーム)食べ過ぎてガンガン太っているので最近は炭酸水飲んで胃を騙してやろうと必死、ということです。

 

 

 

 

 

肉じゃがは世界を救う