雨で滲んだ新聞を戻すよう

こんにちは。

珍しくお昼に投稿でし。(書いてる時間がお昼なだけ

 

 

今年も始まってもう5ヶ月と考えると、はやいものですね。あっという間に一年が過ぎていきますね。何をしてても時間はどんどこ過ぎていってしまうんですよね本気で時間を止める技術だれか開発してくれないですかね(他力本願

 

 

私は相変わらずで特に変わらない生活を過ごしていますが、どこか人と違うからなのか相変わらず突っかかることが度々あるのです。人と違うことは当たり前なことですが、こうなんていうか考え方とか受け取り方の問題ですかね。言葉で上手に言えないやもうどうでもいいや(投げやり

 

 

 

お気付きの方いらっしゃると思いますが、なぜか本日私やさぐれてますお気をつけて(?)

 

 

 

私が大人になるにつれて、歳を重ねるにつれて変わった所があるように友人にも時間が経つにつれて変わった所があるんです。そりゃそうですよね。具体的に言うと私はいろんな考え方があることや常識が常識でないこと、自分の知ってる世界は公園にいる働きアリにすら満たないほど小さいものであることなど、書ききれないほどのことを歳を重ねていろんな経験をして学んで変わりました。それと同じように、違う経験をして友人も変わっていったのです。当たり前のことですよね。当たり前なんです。ごくごく当たり前なのです。

 

ただ、昔の友人を知っているからこそ今変わった友人を見るとどこか違和感というかそうじゃないでしょと思うところが生まれてきたのです。これは私が友人に対して抱いてる思いだけではなくて、友人も私に対して内容は違うにしろこのような思いを抱いてると思います。

 

何がいけないとか、何が間違えてるとかどうでもいいんです。どうでもいいんだけど、誰かに染まってしまった友人を見ていい気分にはならないものです。

 

友人は友人なんだけど、他人にすら見えるんです。何なんですかねこれは。

 

うまく言えないけど、あるべきものがあるべき場所になくなった違和感とでもいいますかそんな感じです。

 

友人は友人なりに居心地のいい場所を探し出したんです。そこが彼女が出した答えの居場所なのです。

 

否定したくないけど、世間一般から見てまともではないと伝えたいのです。ただ友人の出した答えが偏った考えであると思うとともに私のほうこそ偏った考えかもしれないと思い戦うのです私の中で友人をかばうワタシと自分の考えを貫くワタシが存在するのです。

 

長い付き合いなんです。物心ついた時には横にいた存在なのです。

 

テレビやネットで友人の出した答え関係のものを見たときに昔の自分は、あーなるなんて残念だなぁ、としか考えていませんでした。諦めるしかないでしょうと。

 

ただ身近な人がいざその立場になってしまうと人間弱いもので手を差し出し続けたいものなのです。

 

こちらの世界に戻ってくる確信など一つもないのに祈るのです。

 

 

みなさんだったら、自分の近しい人が全く違う人に染まった時何をしますか?

 

どんな言葉をかけますか?

どんな手段でよび戻しますか?

 

 

または、どの程度で諦めますか?

 

 

 

 

本当に人生良くも悪くも難しいことばかりです。

だからと言ってめげていられないですけどね、、、

踏ん張るしかないのですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生山あり谷ありぃ!