他人の横でみかんを食べる勇気

ご無沙汰ですです

 

 

ここ最近はすこぶる寒いですねぇ、、、

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

わたしは人肌恋しくなるこの季節、友人達のInstagramが彼氏とのツーショットで埋め尽くされるこの感じちょっと嫌いですちょっとね、ちょっとだけね、ちょっとだけよ(?)

 

 

 

 12月も近づいていよいよ忘年会シーズンになって来ましたねぇ〜〜。(はやい

 

 

わたしもいろんな集まりの忘年会に参加するんですけど、毎年毎年思うことがあるんですよね。

 

 

 

実際にあった話を交えて言いますと、

 

 

バイトで社員さんも含めて50人弱で集まって行ったときの話で、はじめは適当に座って各々ご飯だのお酒だのを楽しんでて、後半になって席移動していろんな人と話しをしてたんです。

 

そこでわたしも同じく席を変えて社員さんのいる方に行ったんですけど、そこでまさかの仕事の話を上司が部下に熱く話してたんです。

 

「こういうときにああするのが当たり前だ。」

「お前は〜〜ができてないから直すべきだ。」

 

 

 

 

 

 

こんなにもつまらない卓が未だ嘗てあったでしょうか、、、、、、、(絶望

 

なぜこうもィヤッホーーーッ(マリオ風)と楽しめない状況になるのでしょうか、、、、、、

 

 

 

 

(いやこれが当たり前だって考える方もいらっしゃるかと思いますので該当の方は適当に流してください。間に受けないようにお願い申し上げます。)

 

 

 

飲みの場では普段話さない趣味などのプライベートな話をしても良し、関わりの少ない人との交流の場にしても良し。逆にそういった場所であってほしいと思うのです。

 

 

私は去年、そのクソほどつまらない卓に座り社員さんと話をしたんですよ、ええ。

 

 

私「この卓どうしちゃったんですか笑」

社員さん「普段離せないことを腹を割って話してるんだよ」

私「楽しいですか?」

社員さん「楽しいことばかりではやっていけないんだよ」

 

 

 

 

息抜きという言葉を伝えたいwwwwww

 

心からの息抜きをあなたに伝えたいwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

確かに楽しいことばかりではやっていけないことがほとんどです。

 

 

ただ、勤務時間も我慢、飲みの場でも我慢、、、、、、、って。

 

 

我慢しかしてないやんwwwwwwww

 

 

 

 

何のために生きてるんですか一体全体(突然テーマ大きいw

 

 

 

自分のやりたいことで楽しめないのなら、それは本当に自分のやりたいことでしょうか。

 

 

 

 

こんな世間一般でいう自分の舐め腐った考えに「そんな甘くないんだよ」というお言葉をもらうことが多々あります。

 

 

ただ、それは本当に甘いでしょうか。

 

 

 

やりたいことを楽しみとことんやる。

 

 

我慢して目標に届いたりプラスになるならそれは必要な我慢だと思います。

 

ただ、いつまでも先の見えない我慢をし続ける意味は何なのでしょうか。

 

もう大人だからとか、就職したからとか、関係ねぇ〜から(ヤクザ風

 

 

仕事が辛いならやめればいいじゃないですか。

 

自分の精神を犯してまでやるべきことなのでしょうか。

 

 

どうしてそんなにも仕事のため、企業のために生きるのですか。

 

 

 

 

やりたいことを好きなようにやることが甘えなら

 

やりたいことに踏み切れない思いは甘えではないのでしょうか

 

 

 

 

企業に囚われた悲劇の少女や少年のように自分を可愛がるのは、甘えではないのでしょうか。

 

 

 

 

もう年だからとか、今の仕事やめれないからとかそんな決まり文句どうでもええねん(突然の関西弁

 

 

 

 

要するに、甘えてるとか甘えてないとかそういうのは他人が干渉するものではなくて自分の心で決まるものであると考えるのです。

 

 

一つ一つの自分がくだした決断が甘いか甘くないかなんて心の中ではわかってるでしょうに。

 

 

 

 

好きなだけ好きなように生きる権利は誰にでもあって、それをやるかやらないかも決定する権利はあって、どんな世界でどんな人と会うかも運命のようで自分の開いた道の上にあるのだと考えるのです。

 

 

 

 

結局のところ何が言いたいかというと

 

 

 

 

 

 

 

飲み会は楽しくやりたい!!!