読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんな経験をしてみるの巻

こんばんは。

気づけばもうクリスマスが近くなってきましたね()

コートが手放せなくなったこの季節、いかがお過ごしでしょうか。

私はしばらくネットには低浮上でしたが、楽しいネットライフをお過ごしでしょうか。(楽しいネットライフとはwwwwww)

 

ここ最近初めての体験をすることが多く、とても刺激的な時間を過ごしています(深い意味はございません)。

 

 

いま、いろんなことに手を出して将来の自分を見定めてる次第でありますが、その中からピックアップして特に印象に残ったことをお話ししたいとオモイマス。

 

 

 

( ˙-˙ )

 

 

 

 

いろんなお話を頂いて、ショーに招待(ショーに招待wwwwwダジャレみたいwwww)して頂いたときのことです。

 

特別招待枠とやらに呼んでいただき、会場に行くとたくさんのフルーツやらお花やらが飾ってある丸い机がいくつもあってあってその周りに椅子が4つぐらいずつセットしてありました。

 

 

ショーが始まってモニターでショーを見ていると、なんだかどこにでもいるおっさんにちょっと高そうな洋服着せたみたいなおっちゃんが10人弱部屋に入ってきて周りの招待された20歳前後の女の子たちはそのおっちゃんたちに群がり始めたわけです。

 

 

 なんていうかスカウトされたことは指で数えきれるぐらいならあるけど芸能界に疎い私は一人、席でブドウを頬張りながらその滑稽な景色を眺めていました。

 

 

席で座ってショーを見てると何人かのジジィ(あああ、ジジィっていっちゃったよ、、、!あああ。)がやってきて私の横に座って声をかけてきました。(ホストにいった気分だったよ。ジジィだったけど、もう少し顔が良くて若かったらホストだった。うん。)

 

 

何才なの?

 

出身は?

 

なにに興味があるの?

 

事務所どこ狙ってるの?

 

 

 

 

彼氏はいるの?

 

 

彼氏はいるの?!?!?!?!?!

 

注意:初対面です。相手は少し肥えたジジィです。

 

まぁまぁ、突っ込みたい気持ちは少しありますが、腐ったホストだと仮定して話を続けたいとオモイマス。

 

 

 

おっさん「彼氏はいるの?」

 

私「片思いばかりです(澄ました笑顔)」

 

おっさん「じゃあ経験ないのね?いやーいいね♪初々しくて♪」

 

 

経験ないのね?!?!?!?

 初々しくて?!?!?!

 

 

大人になれば普通の話題なのかもしれないけれど、私が生きてきたここ十数年間でそんな会話したことなかったものでとてもとても下品な人間だと印象付きましてですね。はい。くっさ。加齢臭きっつ。

 

 

 

 

 

いや、いま当たり前だろそんな会話って思った汚れた大人の皆さん。想像してみてください。

 

 

短い豚足で手足を組み、ビール腹を末期症状まで放置したような体つきに、白髪が目立つどころかほとんど白髪なんじゃないかと思うような髪色に半径2mでロックオンされる凄まじい異臭を放ったお豚様が鼻くそ丸見え状態で「初体験は17の頃だったなぁ♪♪♪」なんて聞いてもいない誰得情報を話しかけてくる、言葉には表しきれない思いを抱くこの状況を。

 

 

 キモチワルイジジィナンダコリャ。

 

 

 

もうどうにでもなってしまえ…

デスノートが実現したら誰よりも先に書いてやる。お前の命は短い!!このクソじじい!!!(語彙力のなさ)

 

 

 

 

まぁ、ジジィの中にもそういう性欲マシーンがいるっていうことはネットを始めて耳にタコができるほど見て聞いて知っていたことではありますが、性欲マシーンはジジィだけではないのです。

 

 

 

 

冒頭で話したように、私の他に特別招待枠とやらに招待された女が10-20人いたんです。そいつらはあのクソじじいたちに群がってたんです。会話を盗み聞きしたんです。

 

 

「なんでもやります♪なんでも!」※ジジィ満面の笑み

 

 

 

なんかもう、悪い方向にしか聞こえなくて本当に汚い世界だなって思ったの。

 そんなことが当たり前にある世界だったなら続けてらんねぇって思ったの。

 

 

 すごいよねぇ、、、、。

 

 

私は自分のことを大切にしてくれる人と一緒にいることが1番なんて思いますけどね。綺麗事かもしれませんが…。

 

 

 

 

 

 

 私は以前、ほんの少しだけ配信をやっていたのですがそのリスナーさんの中にも枠のコメントは割とまともな事書いててもTwitterの投稿はかなりエロスティックな内容が多かったりしたものです。(結構みてる←)

 

 

 

人って結局は本能には勝てないのかなぁとか思ったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジジィに操られながら仕事するくらいなら自分で行動しようと決めたそんな一日になりましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたしめでたし!!!!

※半ば無理やりな終わり方大変失礼しました。