お前だ

ご無沙汰してます(忘れてたんじゃないよ!忙しかったの!!)
ここ最近本当に忙しくて(高が知れてる)本当に!!!



(言い訳はここまでとして……)




つい最近、バイトでヘルプに行くということで(時給がよかったためしぶしぶ)電車を利用したときのお話。


立ち上げからだったのでいつもより1時間近く早く家を出て電車に乗り込んだ。
乗り換えが4つあるうち(ふざけんな遠かったぞクソ店長)3つ目を乗り換えを済ませ“たまたま”空いていた席に座った。

私はイヤホンを耳につけ大音量でmiwaの片思いを聞きながら(絶賛失恋中)Twitterをいじっていた。
当然周りの音はほとんど聞こえない状態である。
寝不足だったこともありウトウトしかけていたそんなときだった


突然周りからの視線を強く感じた。
(ナルシストだからではない)


そして顔を上げると目の前には40代ぐらいのハゲかけてる男性が私を指差しながら立っていた。ズボンにシャツをINしている格好である。
周囲の視線はまだ私にある。


私は慌ててイヤホンを耳から外し




何でしょうか?






と聞いた。



すると男性は私をターゲッティングしたまま指を縦に振りながら



お前だ。




と何度も言った。

私はなにが起きているのか理解できず何度も「何が?」「何でしょうか?」と聞き直した。それでも相手の答えは一緒だった。





どうやら障害をもっているらしい。








隣に座っていたおばさんが
「気にしないほうがいいよ。」
と、私に声をかけた。




しかし、当時の私はクソほど遠い駅にロングで労働しに行くという何をどうしても乗り気にはなれない、そんな状況であった。
要するに余裕なんて少しもなかったのである。



そして、変わらない返事を長々とされていた私は、いよいよ



うるさい



と言った。


もしも当時の私に時間的にも金銭的にも精神的にも余裕があったならもう少しマシな対応はできていただろう……
(機嫌悪い自分が怖い)

そうすると男性は目を見開きながら大声で叫びだした
アニメの怪獣が登場するときのようなそんな感じだった



周囲の大人はまるで私を面倒くさいものかのように
「何言ってるんだコイツ」
と言わんばかりの顔でこちらを覗いている









えっと……


























これは私がいけないのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
突然指をさされ、それに対応したら叫ばれ……え?wwwwwwwwww


どこに私が周囲からあんな目で見られる原因があるのさwwwwwwwwwwww
もしも、そこで私がシカトをしていたら済んだ話なのかwwwwwwwwwwwww
そもそも、他人とはいえ話しかけられたら答えるのが普通ではないのかwwwwwwwwwwwwww



いや、だって知らないおじさんに意味わかんないこと言われ続けたらうるさいってなるでしょうwwwwwwwwwwww

障害を持っていようが持っていまいが私の感情は変わらないよ!
家が有ろうが無かろうがお金が有ろうが無かろうがその人に対する感情は変わんないって!
うるさかったらうるさいというし、ブサイクならブサイクと言うよ(ブーメラン)



ここ最近、大人への成り方を探してるけども探してるだけ無駄なのかも… 
大人って小さい頃思ってた以上に大人じゃないものらしい
このまま私は私で歳を老いて気づいたら大人になってるのかな











胸を張れる大人になりたい