18才ワタシ異国の地に混ざり込む【帰国】

どうもどうも。

 

 

こうなんていうかはやいことで

 

「18才ワタシ異国の地に混ざり込む」

 

シリーズも最後ということで、 あまりどこに行ったかなど詳細を今までいっていなかったと思うので改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

私が今いるのは

 

ネパール

 

です。

 

 

 

 

最貧国とまで言われる開発途上国です。

 

 

 

ヒンドゥー教仏教イスラム教などの宗教の人がいます。

 

私のような無宗教の人はおそらくいないと思われます。

 

 

貧しい国ということもあり、街中では物乞いをする人など日本では見かけないことをしている人がちらほらいます。

 

 

 

 

もちろんですが、水道の水をそのまま飲めばお腹を下します。

 

 

インドに隣接した国ということもあり料理はスパイシーなものがほとんどです。

 

 

 

f:id:naccoiro:20170320110558j:image

 

友人宅にお邪魔した時のご飯です。

 

 

お米がかなりボリューミーですよね笑笑

 

こっちでは、朝ごはんはほとんど食べず昼と夜だけの食事です。

 

 

ここにきて色んな人と出会いましたがどの人にも

 

「うちでご飯食べて!!」

 

と、お誘いがあるほど私を家に入れることをオープンに考えてくれました。

 

 

 

 どのお家も家族仲が良いのが印象的です。

 

 

日本では親を他人に紹介することや家に招くことを躊躇う人が多いと思います(私の周りでは)

 

 

一緒に出かけてた25歳の友人宅にお邪魔したら「風邪引いてるのにどこいってたの!」なんてお母さんに怒られるシーンを見るのも当たり前でした笑笑

 

 

なんていうか、つくってないんです。自分を。

 

ありのままって感じ。

 

 

 

 生活がすぐ隣にあって、日本では恥ずかしいことがこっちでは当たり前のように行われているのです。

 

 

ただそれがおかしいわけじゃなくて、生活しやすい環境により近いと私は感じました。

 

 

 

家があって親がいてご飯作ってくれてて番犬がいて友人を招待してくれる。

 

 

今思えば恥ずかしいところなんてどこにもないんですよね笑

 

 

逆に今まで何をそんなに恥じてたのか問いたいですよね笑

 

 

 

ただ、こんな幸せな暮らしをしている人ばかりではありません。

 

 

貧しい人はいます。

 

 

冒頭で申した通り手足の欠けた男性が道行く人に物乞いをしたり、華奢な子供がお金をせがんだり食べ物を欲しがったり。

 

 

 

首都であるカトマンズにいけば、そういったことをしている人を多く見かけました。

 

 

 

以前の地震でお寺は大体崩れており復旧までまだまだ時間がかかるような感じでした。

 

 

 

 

 

 教科書やネットで見る画像ではわからないその場の空気や町並みや人々の生活が、目の前に存在しています(当たり前

 

 

 

 

 なんていうか、出会う人に恵まれていたからかもしれませんがとてもあたたかい人が多い印象です。

 

 

上手く表現できないけど、どんな自分でも受け入れてくれる感じ。

 

 

わがままとか強がりとか泣き虫とか人見知りとか

 

 

いろんな自分を受け入れてくれている感じ。

 

 

 

 

出会った人に素敵な人が多かっただけかもしれませんし、今回の旅行だけで一概に決めつけることはできないんですけどね。

 

 

 

 

 もっともっと細かいこと伝えたいし、色んな話したいのですが勝手ながら指が疲れたのでこの辺りで終わりとさせていただきます。

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

あ、今日日本について思ったのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本寒くね!?!?

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【帰国まで残り1週間程】

ネットを使える環境になかなかなくて携帯も役立たずって感じです。(Wi-Fiは1ヶ月借りようと思ったらすごく高かったからもうやめてやったZE!!Wi-Fiなんて別にホテルとか飲食店にちょこちょこあるしもう知らない!!!!!)

 

 

 

そんなこんなで、ここ数日は2人のお兄さんに色んなところを連れて行ってもらってます。

 

 

こっちの人は親の仕事を手伝いながらお小遣いで遊びに行ったりしてるようで、日本ほどなんて言うか厳しくないっていうか、必ずしもこうしなくてはいけないって事が少ない印象で、私を連れて行ってくれてる2人のお兄さんも25才前後で近くの国に写真撮りに行ったり山の上でバーベキューしたりスクーティーで色んなところいってるようで自由な感じでした。

 

 (日本だと25才にもなったら就職して上司の愚痴とかいってるだ…ry)

 

 

 

 バスで5時間ぐらいかけて道の悪い山道を登ったり降りたりして到着です。

 

 

 

バスは寝ちゃうからそんな大変じゃないんですけどねwwww

 

(ただ、途中の休憩時間をご飯タイムで30分と言われてても15分足らずでバスが出てしまうこともあったのでもし海外でバスに乗る事があるときは気をつけてください)

 

 

泊ったホテルはなかなかいい雰囲気でハンモックと手作りのブランコが置いてある良さげなところでし。

 

f:id:naccoiro:20170315225733j:image

 

 

こういう海外のホテル泊まると思うけどやっぱり日本のホテルは綺麗よね!シャンプーリンスは必ずついてるし、アミニティ(?)も高い確率でついてるもんね!!!

 

 

こっちはシャンプー歯ブラシ必ず持参ですシャワーもお湯が出れば上出来レベルです♪♪♪

 

 

 

 

 

 これでも安いホテルではないんですよ、、一応。

 

 

 

私は現地の友だちと行って、その友達がホテルとかとってくれたのでとりかたはいまいち分からないけど、現地の人の価格と海外から来た人の価格はまるっきり違うので、気をつけたほうがいいです。

 

 

ホテルで観光客用の値段払っても実際は払った店員のお財布に入ったりしてる事も多いです。領収書もらうのが一番いいのかも、、、

 

 

 

こっちでは、

 

 

「そんなことある??」

 

 

って思う事がたくさん!!

 

 

 

スーパーで買おうとした商品がエントリーされてない商品で買えなかったり、賞味期限切れてたり、値切るのが当たり前だったり 。

 

 

 

 

日本はすごく真面目だなと思う事がたくさんです。

 

決まりごとは決まりごとで、少し冷たいというかルールは絶対な印象。

 

 

だからと言って悪いわけでもいいわけでもないですが、国民性という言葉に尽きますね。

 

 

 

こっちでも、バスは日本の満員電車並みに混みます。

 

日本と違うと思ったのは、優先席がどのバスにもないこと。

 

 

でもね!!!でも!!

 

 

 

2人がけの席に3人で座れるように詰めてくれたり、子どもが乗って来たら膝に乗せたり、見知らぬ人なはずなのに積極的に接してくれるんです。

もちろんお年寄りが乗って来たら何人もすぐに立ちます。

急停止で転びそうになったときは席に座ってる人が手を掴んで支えてくれます。

 

 

 

なんかこういう所はなかなか日本に住んでてないことなのでとてもとても新鮮でした笑笑

 

 

 

残り数日楽しんで帰りますよ!!!!

 

 

 

 

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【3月11日】

こっちは昨日からずっと雨。

 

雷があまり得意でない私は、辛い日続きです。ええ。ええ。

 

 

雨にストライキで交通関係は動かなくなるし外に行けずウズウズです.......

 

 

9日に栄えてるところに買い物に出かけたのですが、帰ろうとした夜枝に火をつけて人々が歩くストライキをやっていました。そのストライキがまだ続いてるようです…ヒィ

 

初めてそういうストライキを生で見て、友人がそばにいてくれたのですが、何か本能的に危険を察知したそんな感じでしたwww

 

 

家に帰るまでバスで帰ったのですが(1回の乗車20rupeeぐらい)、またまたバスでもトラブルを見かけました。

 

もう、こっちのバスは慣れっこですが、初めはかなり驚きました(カルチャーショック

 

バスは運転手と客引き(目的地を言いお金を徴収する人)の2人体制がほとんどです。(ここから説明はいりますwwww

 

また、バスといっても日本のような大きなバスもあれば、10人ほどの座席の小さな車のようなバスもあります。

 

私が9日に乗ったのは、10人ほどの座席の小さいほうのバスです。

 

バスは、日本でいうバス停的なところにたくさんのバスが来ます。時間はほとんど決まってない感じです。

 

客引きが、大声でバスを待ってる人に目的地を連呼します。ドアはスライド式のものなので開けたままで、乗りたい人がいればそこに駆け上がる感じですwww

客引きの人は降りて目的地を連呼したり、そのスライド式のドアを開けたままちょこっと足をかけて乗り身体を出して客を探したりしてます。

 

 

バスは客をたくさん乗せて稼ぎたいというのが大前提です。

 

 

 

わたしがみたトラブルは、同じ目的地のバスで、道を通り過ぎた時、私の乗ってたバスの方が客が少なかったので(結構ギュウギュウだったけどね笑)、私のバスの客引きが向こうの混んでた客に「こっちの方が空いてるぞ」と声をかけ、その客をとったことが原因です。

 

バスは客をたくさん乗せてお金を稼ぐのが目的です。

 

向こうのバスは客を取られたわけで、道の真ん中だったけど、車から降りてこっちのドライバーまで怒りにきましたwwww

 

5分程度の出来事だったのですが、これで道は混雑してクラクションが鳴り止まない感じだったwwwwwwww

 

 

こっちでは信号を見かけたことがないです。

どこでもクラクションが鳴ってて、危ないから鳴らしてるというか自分がココニイルヨと伝えるためっぽい感じで使っているようです。

 

タクシーに乗ってもスクーティーに乗っても我先に進むべくって感じですwww追い越しも当たり前な感じですwwwww

 

 

だからか、こっちでは事故がかなり多いみたい(私はまだ見たことないけど、、、、

 

 

 

 

 

 こんな感じで今回は締めさせていただきたく思います。

 

 

最後に湖の写真を一枚載せてサヨナラしますかね、、、、

 

 f:id:naccoiro:20170312004216j:image

 

 ボートに乗った話とか色々ありますがもう眠いので寝ますね(勝手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐっない!

 

 

 

 

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【3月5.6.7.8.9.10日】

更新頻度が本当に牛の糞並みで申し訳ないですwww

 

.一つ言い訳をさせてもらうと、Wi-Fiをレンタルしてないので(高すぎた)ネットを使える状況じゃないってこと…

 

 

 

........それぐらいです(以上

 

 

寝起き且つ小学生以下の学力故に、読んでてイラつく点が多々あると思いますが何卒穏やかな目でお読みください。

 

 

 

 

 

 

こっちに来てから、今までやったことない経験をすごくすごくやらせていただいてます。

 

 

パラグライディングとかジップフライヤーとかとかとか

 

さすがにバンジージャンプは勇気が足りなくてできなかったけど、色々やらせていただきました!!!!

 

また、現地の友だちの知り合いがパラグライディングを企画してる受付の人らしく、本当のところ12000rupeeほどのところをその半分の6000rupeeで、さらに別料金のフォトムービー代も払わずに撮ってくれるとのことでわっしょいわっしょいでした(語彙力)!!!

 

 

 

ここで仕方ない自慢話をさせてください(急すぎる

 

 

私は割と肌が白いからか、こっちの国では可愛い対象になるようです(照

 

ご近所さんのところにまわったときも、どこの家にも可愛いと絶賛していただきました(ガチガチ

 

日本で詰んでる方がもしいるのならこっちに一度来てみてはいかがでしょうかwwwwww(何様だよ

 

 

 

 

そんな感じで、パラグライディングのパイロットをやってくれたRabinはいろいろと快く対応してくれました!!!(画像はまだないです日本に帰ってから公開します)

 

45分ほど空を舞ってる間、もちろん景色は申し分ないほど綺麗で感動したのですが、温度差がかなりあるので上昇したとき薄着な格好をしてた私は手が冷えすぎて死ぬかと思いました(大袈裟

 

日本語はもちろん通じないので、片言な英語で必死に伝えてRabinから手袋をその場でいただきましたwwwww(後ほど返しました)

 

 

初めてのパラグライディングでわからないことだらけだったし、パラグライディングで飛ぶ場所も山の崖の上みたいな整備されてないところだったので多々びっくりしましたが、楽しかったの言葉に尽きます!

 

 

(Rabinは降りてからヘロヘロな私に水とお菓子を渡してしばらく隣に座って一緒にいてくれましたありがとう)

 

 

なんだかこっちの人はあたたかいというか、日本人1人できた英語もろくに話せない私を子供のように気遣ってくれますとても心強いんです。

 

 

 

f:id:naccoiro:20170310124014j:image

 

 

これは親戚のお家に挨拶に行くということで少し離れたところでの道です(説明下手)

 

 

バッファローや牛やヤギが道に普通に歩いてます。

 

 

こっちに来てもう1週間以上経っているので驚きはしないですwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっと山の上で日の出を見に行った話とかスクーティーに初めて乗った話とか繁華街の話とか貧しい子どもに「money....」とお金をせがまれた話とかいろいろ書きたいことはあるんですけど、それは日本に帰ってから配信とかで話そうと思います(思うだけです←

 

 

 

この記事も時間がないので読み返さず更新するので誤字脱字や話の脈絡があってなかったらごめんなさい笑笑

 

 

温かい目で読んでいただきありがとうございます(頭を上げながら土下座

 

 

 

話に落ちなんてありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記だもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【3月4日】

 

3月4日

 

カトマンズからバスで8時間かけて目的地のポカラまで向かった。

 

道はボコボコだから本当にアトラクションみたい笑笑

 

長時間の飛行機でかなり疲れもあり、程よく揺れるバスが心地よくてすぐに寝てしまった。

 

カトマンズを出たのは朝の6時。

ネパールの人は本当に朝型なの笑笑

 

バスからみたカトマンズ

f:id:naccoiro:20170306113719j:image

 

 

 止まってるときに撮ったからいまいちカトマンズ感ないかもしれないけど一応撮ったから載せさせてwwwww

 

バスの隣の席が日本人で、お坊さん(?)ぽかった!

ネパールにもお寺があるらしくそこに行くのかな、、、、、?

 

 8時間も長い感じするけど、周りの雰囲気とか景色みてたらあっという間だった!

 ツアー客用のこのバスは700rupee程度でした。

こっちでは高いほうにはいるらしい、、、

 

ちなみにタクシーはメーターではなく場所によって値段が変わるみたい。

どんなに回り道しても同じ価格ってわけです笑

 

ちなみにネパールに来てから信号は数え切れる態度しか見てないなぁ笑

まぁそんなものですよね。ええ。

 

 ポカラはヒマラヤ山脈がすぐそこに見えてとても景色の綺麗な場所です。

観光にもってこいな場所みたい♪♪♪

 

本当はもっともっと書きたいこといっぱいあるのですが瞼がかなりかなり重いのでここで失礼させていただきます(自分勝手乙)笑笑

 

 

 

 

 

 

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【3月3日】

 

高校卒業とともに時間がめちゃくちゃあるからネパール人の友人の帰省について行くことにした。その日記的な何某です。

ネットが使える環境にいるときの更新になるので、暇なときにでも読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

3月3日

 

 

ひな祭りというこの日に出発。

成田空港発香港経由でカトマンズまで一日かけて飛行機に乗った。

これでも乗り換えがうまくいってる方で

日本→香港 5時間ちょっと

次の乗り換えまで5.6時間待って

香港→カトマンズ 5時間半ぐらいだった

乗り換えがうまくいかないと空港で寝ないといけなくなることもあるみたい…

 

香港では荷物検査のお姉さんがかなり冷たくて怖かった印象が強い…笑笑

 

香港空港でご飯を少し食べてカトマンズへ飛んだ

 

日本と香港は1時間ぐらいの時差、

日本とカトマンズは3時間ちょっとの時差があるから、航空券に書いてある時間より飛行機には長く乗った(>_>)(現地の時間で書いてあるため)

 

 

いざ空港に着いてみると大量のキャリーケースが床にどんどこ置いてあった

私のキャリーケースは派手な色をしているから割と見つけやすかったけど、それでも1時間ぐらいはかかったと思う笑笑

 

 

そして友人の親戚のお家がカトマンズに近いということでタクシーで向かった。

 

道はかなりガタガタでアトラクション並みだった笑笑

 

車一台入れるか分からないぐらいの道をグングン進んで行く。

 

こっちではクラクションをココニイルヨと言わんばかりにみんな鳴らす。

車道に車線(?)はなくて左通行でみんな進んでるらしい。

タクシーも小さく、ギュウギュウだったけど興奮しててその時はそんなこと考えられなかった笑笑

 

 

そんな感じで出発日の一日は終わり。

 

 

 

 

 

 

いろんな経験をしてみるの巻

こんばんは。

気づけばもうクリスマスが近くなってきましたね()

コートが手放せなくなったこの季節、いかがお過ごしでしょうか。

私はしばらくネットには低浮上でしたが、楽しいネットライフをお過ごしでしょうか。(楽しいネットライフとはwwwwww)

 

ここ最近初めての体験をすることが多く、とても刺激的な時間を過ごしています(深い意味はございません)。

 

 

いま、いろんなことに手を出して将来の自分を見定めてる次第でありますが、その中からピックアップして特に印象に残ったことをお話ししたいとオモイマス。

 

 

 

( ˙-˙ )

 

 

 

 

いろんなお話を頂いて、ショーに招待(ショーに招待wwwwwダジャレみたいwwww)して頂いたときのことです。

 

特別招待枠とやらに呼んでいただき、会場に行くとたくさんのフルーツやらお花やらが飾ってある丸い机がいくつもあってあってその周りに椅子が4つぐらいずつセットしてありました。

 

 

ショーが始まってモニターでショーを見ていると、なんだかどこにでもいるおっさんにちょっと高そうな洋服着せたみたいなおっちゃんが10人弱部屋に入ってきて周りの招待された20歳前後の女の子たちはそのおっちゃんたちに群がり始めたわけです。

 

 

 なんていうかスカウトされたことは指で数えきれるぐらいならあるけど芸能界に疎い私は一人、席でブドウを頬張りながらその滑稽な景色を眺めていました。

 

 

席で座ってショーを見てると何人かのジジィ(あああ、ジジィっていっちゃったよ、、、!あああ。)がやってきて私の横に座って声をかけてきました。(ホストにいった気分だったよ。ジジィだったけど、もう少し顔が良くて若かったらホストだった。うん。)

 

 

何才なの?

 

出身は?

 

なにに興味があるの?

 

事務所どこ狙ってるの?

 

 

 

 

彼氏はいるの?

 

 

彼氏はいるの?!?!?!?!?!

 

注意:初対面です。相手は少し肥えたジジィです。

 

まぁまぁ、突っ込みたい気持ちは少しありますが、腐ったホストだと仮定して話を続けたいとオモイマス。

 

 

 

おっさん「彼氏はいるの?」

 

私「片思いばかりです(澄ました笑顔)」

 

おっさん「じゃあ経験ないのね?いやーいいね♪初々しくて♪」

 

 

経験ないのね?!?!?!?

 初々しくて?!?!?!

 

 

大人になれば普通の話題なのかもしれないけれど、私が生きてきたここ十数年間でそんな会話したことなかったものでとてもとても下品な人間だと印象付きましてですね。はい。くっさ。加齢臭きっつ。

 

 

 

 

 

いや、いま当たり前だろそんな会話って思った汚れた大人の皆さん。想像してみてください。

 

 

短い豚足で手足を組み、ビール腹を末期症状まで放置したような体つきに、白髪が目立つどころかほとんど白髪なんじゃないかと思うような髪色に半径2mでロックオンされる凄まじい異臭を放ったお豚様が鼻くそ丸見え状態で「初体験は17の頃だったなぁ♪♪♪」なんて聞いてもいない誰得情報を話しかけてくる、言葉には表しきれない思いを抱くこの状況を。

 

 

 キモチワルイジジィナンダコリャ。

 

 

 

もうどうにでもなってしまえ…

デスノートが実現したら誰よりも先に書いてやる。お前の命は短い!!このクソじじい!!!(語彙力のなさ)

 

 

 

 

まぁ、ジジィの中にもそういう性欲マシーンがいるっていうことはネットを始めて耳にタコができるほど見て聞いて知っていたことではありますが、性欲マシーンはジジィだけではないのです。

 

 

 

 

冒頭で話したように、私の他に特別招待枠とやらに招待された女が10-20人いたんです。そいつらはあのクソじじいたちに群がってたんです。会話を盗み聞きしたんです。

 

 

「なんでもやります♪なんでも!」※ジジィ満面の笑み

 

 

 

なんかもう、悪い方向にしか聞こえなくて本当に汚い世界だなって思ったの。

 そんなことが当たり前にある世界だったなら続けてらんねぇって思ったの。

 

 

 すごいよねぇ、、、、。

 

 

私は自分のことを大切にしてくれる人と一緒にいることが1番なんて思いますけどね。綺麗事かもしれませんが…。

 

 

 

 

 

 

 私は以前、ほんの少しだけ配信をやっていたのですがそのリスナーさんの中にも枠のコメントは割とまともな事書いててもTwitterの投稿はかなりエロスティックな内容が多かったりしたものです。(結構みてる←)

 

 

 

人って結局は本能には勝てないのかなぁとか思ったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジジィに操られながら仕事するくらいなら自分で行動しようと決めたそんな一日になりましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたしめでたし!!!!

※半ば無理やりな終わり方大変失礼しました。