愛情の裏返し

 

 

受験に成功しようが失敗しようがそんなことどっちでも良くて

 

一浪しようが就職しようがどうでもよくて

 

 

たかが1年の差を過剰に感じて心が壊れそうになるなら諦めればいいじゃんって

 

 

好きなように生きればいいじゃんって

 

 

やりたいことやって

 

その環境の常識知って

 

そうして大人になればいいじゃん

 

仲間つくって

 

楽しく頑張ればいいじゃん

 

 

父とか母とか

嫌なら自立すればいい

 

仕事探せばいい

 

自分で全部やればいい

 

 

 

 

覚悟がない弱音なんて

これっぽっちも意味ないよ

 

 

 

 

 

 

暗号で

 

私 海 電話

 

なんて言われても

 

 

 

私は怖いよ。

 

あなたが何か良からぬことを覚えたとき

 

不安で怖いよ。

 

私にも異性の友だちだって先輩だっている

 

珍しいことじゃないと思う

 

 

 

お誕生日お祝いしてくれてうれしいよ。

 

お家まで何度も来てくれて

 

メールもくれて

 

うれしいんだけど

 

 

私はあなたのものではないんだよ。

 

 

駅でたまたま会うこと

多いよね

 

 

朝の通学

たまたま会うこと多いよね

 

 

たまたまだよね

 

 

同じ車両でいつも会うのも

駅のエレベーターの近くでいつも会うのも

夕方帰り道スーパーの近くでいつも会うのも

 

たまたまだよね

 

 

きっとそうだよね

 

 

 

 

いつだったか

 

逆方面だねって

 

そっちは空いてるよねって

 

話ししたこ

 

私覚えてる

 

 

 

 

 

どんなにあなたの中で私を連れ回しても

 

私はあなたとは違う人といるんだ。

 

 

 

 

嫌いじゃないよ

 

幼稚園から変わらないあのままのあなた

 

 

 

私には私の世界がある。

 

 

あなたにもあなたの世界がある。

真夏の冷房は北極並み

 

 

 

 

 

 

もしも今までの人生をやり直せる状況になったのならやり直すかなぁ

 

 

 

 

ミサイルも飛んできてることですし、死を意識するようになったここ最近。

 

 

 

 

今年の夏休みは、とにかく自分のやりたいことの詰め合わせでしたよ

 

 

 

 

今まで、無意識に我慢ばかりしていて自分のやりたいこと全然やってなかったなって気づいたもんで自分のための夏休みを過ごしてみましたトテモタノシカッタ^^

 

 

 

 

誰かに喜んで欲しかったり、誰かに負担が開かないように大変にならないようにって、これまで周りの人を第一優先にして過ごしてきたことに気づいたんですよね。

 

 

 

自分から何かがやりたいとか強い意志を言えなくて、、、、、、もちろんちょっとしたことならやっていたことあったけど基本は周りに合わせてばかりだったわけですよ

 

 

 

団体行動苦手なのに、周りを意識してたんですよ

 

 

ほんとに団体行動苦手なのかよって、得意なやつなんているのかよって、みんなみんな頑張ってんだよって、実際は苦手な人の集まりなんだろって、そんな感じですよねきっと(?)

 

 

いろんな人がいるんだから、全員が全員得意なわけないんですよきっと(?)

 

 

そんな私でも、これまでやってきたことに後悔はあってもそれを無かったことにしたいなんて思ったことはありません

 

 

 

何度やり直したって、またきっと同じ道を選ぶだろうし、また同じ失敗をして、また同じように泣いたり笑ったりするだろうなって思うんですよ

 

何度やり直したって、好きなものは好きだし嫌いなものは嫌いなんですよ

 

 

自分の人生にめちゃくちゃ自信があるとかそういう話じゃなくてね。

 

 

 

今まで出会った人とかやってきた事とか、その全部がいつまでも心にあって欲しいし無くなっちゃ困ることだって強く思うんですよ

 

 

 

それだけプラスなことが多かったというか、どんなマイナスなことでも今思えばプラスになるっていうか。

 

 

何事もそんなもんだと思うんですよね、ええ。

 

それはそれであれはあれなんですよきっと

 

どんな事もそんなもんなんですよきっと

 

冷めてるとかそういうわけじゃなくて

 

自分が思ってるよりも大きそうで小さいというか

 

小さそうで大きいというか

 

 

どんなものでもそれ以上でもそれ以下でもなくて

 

 

それをそれと滲まずに捉えることが大切なんじゃないかなって。

 

 

 

 

 

 

そんな感じです

 

 

 

 

 

さぁっ!今日も一日頑張りますかっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドロンっ!!!!!

 

 

 

 

 

18歳の考え方

 

こんにちは。

 

 

可愛くなりたいです。(いきなり)

 

 

なんて言うか、夢のない話ルックスで8割人生決まると思うんですよ。夢のない話ね。

 

 

もちろん、とびきり美人じゃなきゃいけないなんてわけじゃないけど、髪は乱れてないかとか清潔な洋服を着てるかとかそういうことよ。

 

身だしなみがきちんとしてるかってことよ。

 

 

一概には言えないけど、この日本の社会で生きるのならば、鼻水垂らして出勤したらノーマルに汚いわけだし、はだけた洋服を着てきたら品がないわけだし、「こうだからダメ」ってことなんて確かに法律に触れていなければ基本ないんだろうけど人間としてどこまできちんとするかが社会で生きる上でかなり重要になってくると思うんですよ。うん。

口にはしなくても誰もが初めに感じることだからさ。

 

 

もちろん職種によってだいぶ変わってくるとは思うんですけどね、、、、

 

 

 

 

 

そんでもって、ルックスの次が仕事ができるかどうかだと思うんです。実力ってやつよ。

 

(ルックスが一番なのは誰もが初めに抱くであろう感情のきっかけだから。いわゆる第一印象よ。)

 

 

 

これはだいぶ職種で別れると思うんだけど、、、。

 

 

 

例えば飲食店だとしたら、お客様からの注文を早く且つ一定のクオリティで提供しなくちゃいけないわけで、さらにはその品を提供できるように仕込みをしなくちゃいけないわけで、さらに言えば周りの従業員に迷惑をかけないように自分の仕事はきちんとやってから引き継がなきゃいけないわけで。

 

 

 

極端な話、例えどんなに人柄がよくても、やることが出来ない人なんて給料払う価値ないし、いらないと思うんですよ。

 

 

もっと言えば、仕事ができるのなら性別国籍年齢その人の振る舞いなどなど全部二の次なわけですよ。

 

 

肌が黒いからとか年が若いからとか女だからとか敬語が使えないからとかどうでもいいんですよ。(物凄い主観)

 

 

やってほしいことは仕事であるわけで、営業が円滑に回るならばそれ以外のことはその次なわけでそこまで重視する必要はないと思うんですよ。

 

 

 

ただこんなこと言ったって、これは本当に職種によって違うものだろうしこの考え方が通用するところなんて日本にはほとんど無いんですけどね。

 

 

 

 

それでも私がわざわざブログに書きたいのは、この考え方が浸透して欲しかったりするからですかね、、、

 

 

 

 

なんか、本当に見るべきものが建前によって遮られてるというか、妨げられてる気がするんですよ。一緒に働く上で上司部下といえど、共に働く仲間なわけだからその人がどこまで何をどのようにできるのかどんな考え方で仕事に取り組んでいるのかを把握するべきだと思うんです建前云々の前に。

 

 

 役職が上であってもやることが出来ていないのならさっさとチェンジするべきであって、やることが出来てない人に高い給料払ってるなんて無駄なことこの上ないですよね。

 

 

 

まれに「部下が上司の欠点やミスを補ているなら別にいいじゃん」っていう考え方をする人がいるけど、思いやりもクソもない鶏レベルの脳みそしかないのかよって言いたくなる。

 

小さな子どもが母親に殴られてても、「家族内なら別にいいよね。死んでないし大丈夫だよね」って言えるのかって。(極端かよ)

 

 

さっきまで、信号は青になったら渡るんだよなんて言ってたやつが、突然ノーヘルでバイク乗ってるみたいな感情ですよ。ええ。(謎にちょっとおこ)

 

 

何がどうして判断がおかしくなっちゃうのさ。どうして変なところ妥協してしまうのさ。

 

 

 って感じ。

 

 

見るべきものは取繕われた建前じゃなくてもっともっと単純でその人そのものなんじゃないのかなって。

 

 

こんな考え方、また成長したら出来なくなるのかもしれないから何も知らない子供の頃の考え方ってことでここに記しておくことにしますね。

 

 

ほら、多少棘のある考え方しておかないと、どうせ今後の向かい風で削れてっちゃうからさ。

 

 

 

 

 

結局何が言いたいかって????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業ダルい。

 

 

こんにちは寝不足です

 

 

サンダルにノースリーブと露出が多い季節になってきましたね。

  

いよいよ夏です!夏です!夏です!

 

中は冷房ガンガン、外は蒸し暑いこの気温差に早くもしっかり体調を崩したところでこの暇な時間を埋めるためだけに更新しますよって、寝過ごさないように文字でも扱って感じですよって、時間の無駄遣いですよって(コラ

 

 

 

 

 

 

私事なのですが、ありがたいことに自分で言うのもなんですが色んな方に可愛がっていただいて毎日楽しく過ごせています。

 

 

 

ただ楽しいことばかりでもなくて、時には我慢もするし努力だって惜しまずやります。

やらなければいけないことだってもちろん積極的にやります。

 

こんなことわざわざ口にしなくなって当たり前のことですよね。ええ。

 

 

 でも、そんな楽しくも充実した日々ばかりではないんです。

 

可愛がっていただける反面嫌われることもあります。

 

それは、私の話し方や身振りが苦手なのかもしれないし、なにか私が相手の嫌がることをしたのかもしれないし、根本的に相性が悪いだけかもしれないし、もう、そんなの一個一個あげていったところで分かりっこないですん

 

 

 

私が前を通ると相手の会話は途切れますし、私が挨拶してもボソボソと何かを言ってどこかいってしまうし、睨まれることも多々あります。

 

 

その人は私の一個上の年なのですが(突然特定していくスタイル)、その代の友だちにもれなく私のことについて話しているみたいです。

 

 

 

 

 女の世界ってのは面倒なものです

 

 

 

 

 

嫉妬なのか何なのかよく分からないけど(9割嫉妬)こんなことが日常茶飯事であるわけです

 

 

 

 

有る事無い事言って蹴散らそうって魂胆なんですかね、、、

 

 

よくわかんね。

 

 

 

こんなことをこんな認知度のカケラもない糞ブログに書いたところでどうしようもないんですけどね。うん。

 

 

極端な話、「それはそれ」でもういいんですよね(悟りを開き始めた)

 

 

彼女の発言を鵜呑みにするならすればいいし、疑うなら疑えばいい

 

 人を好きになる基準も嫌いになる基準も、どこに重点を置くかも、全部全部人それぞれだから。

 

好きなようにしてくださいっつってー。

好きなようにしてとか言うならわざわざブログでこの話題だすなっつってー。

ただ何となく誰かに共有したくなったっつってー。

大それた意味なんてないんだなっつってー。

 

 

ただ実際、自分の目で見たものや肌で感じたもの以外心の底から信じることのできるものって無いも思うんですよ。

 

そう思うよ。私。うん。

 

まぁ、私の考え方に過ぎないんですけどね。ええ。

 

 

 

 

そうです。そんな感じです。

 

 

 

 

 

 

結局なにが言いたいかって、まとめていうと

 

 

 

 

 

 

 

ヒアリには気をつけろ( ˙-˙ )

 

ランドセル

 

おひさしぶりです

おひさしぶりです

おひさしぶりです

 

 

 

 

ネパール帰国後しばらく更新が途絶えておりましたが生きてます元気です✌︎

 

 

 

なんていうか、ほら.......

 

........忙しいんですよね(忙しいんですよね?)

 

 

 

 

 

バスではよく寝過ごしてしまいますし、授業遅刻しないように精一杯といいますか、、、、

 

バイトでも怒られてばかりで意識ないですし、、、、(身勝手なシャットダウン)

 

 

 

 

またいろんな人に初めましてで会うことも増えまして、それぞれに色んな影響を受けていますよ。

 

 

 

 

 なんだかんだ充実してるって感じです。

 

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

一週間はやいですもん。

 

 

 

 

 

 

ただ、最近思うんですよね(突然)

 

 

なにも、周りの人と全く同じことをする必要はないよねって(スゴく突然)

 

 

 

私事ですが小学生の頃ランドセルを背負ったことは一度もありません。

それに対して周りの人間はどんな考えを抱くでしょうか。

 

 

 

 

「買ってもらえなかったの?」

 

 

「私立で指定だったから?」

 

 

「学校行ってなかったから?」

 

 

 

実際のところ理由なんてありませんwwww

 

 

教科書が家から学校まで持っていけるのならなんだっていいだろうって魂胆です。

 

 

  

 この間、ランドセルを持っていなかったことを同級生に話したところ、拒絶が著しかったため何とも複雑な気持ちになったんです。

 

 

 

「他人がこうであるから、こうでなければいけない」なんてこと、あるのでしょうか。

 

 

 

 

自分らしさを大切に。なんて言葉、幼い頃よく耳にしましたがあれはなんだったのでしょうwww

 

 

 

 

みんな同じランドセルを背負い、みんな似たような洋服を着て、同じようなスイーツを食べる。

 

 

 

 

さぞ安心感のあることでしょう。

 

 

 

自分と同じ人が周りにいる。

敵を作ることがない。

誰とでも共感できる。

 

 

 

 

自分らしさも糞もアリマセン☆

 

 

今の私の年代にはありがちなことなのかもしれないけど、このまま大人になるにつれて自分らしさとかどうでもよくなりそうですよね。

 

 

 

 

 

 

誰か何着ててもよくないですか?

 

何食べてても何見てても何が好きでもよくないですか?

 

 

 

要するに、何事も一度受け入れてみる事を提案したいんですわ(ですわ)

 

 

自分は自分で変える必要はないと思うんです。

だからといって拒絶、否定する必要もなくて。

 

 

それはそれーって適当に受け入れるぐらいでいいだろうって。

 

 

だいたいそんな感じにしてれば自分の世界はうまくまわるんじゃないかなーって思ふんです。

 

思ってるだけでっす( ˙-˙ )

 

 

 

 

なんだか真面目な感じになっちゃったーよ、、、

 

 

久しぶりの更新でなんか、、、、久しぶりって感じ(?)

 

 

相変わらず脳みそニワトリな私ですが頑張って生きてますよーーーっと。

 

また、なんかあったら更新しますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この需要のない自己満ブログよく最後までみてくださいました。拍手っ!

 

 

 

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【帰国】

どうもどうも。

 

 

こうなんていうかはやいことで

 

「18才ワタシ異国の地に混ざり込む」

 

シリーズも最後ということで、 あまりどこに行ったかなど詳細を今までいっていなかったと思うので改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

私が今いるのは

 

ネパール

 

です。

 

 

 

 

最貧国とまで言われる開発途上国です。

 

 

 

ヒンドゥー教仏教イスラム教などの宗教の人がいます。

 

私のような無宗教の人はおそらくいないと思われます。

 

 

貧しい国ということもあり、街中では物乞いをする人など日本では見かけないことをしている人がちらほらいます。

 

 

 

 

もちろんですが、水道の水をそのまま飲めばお腹を下します。

 

 

インドに隣接した国ということもあり料理はスパイシーなものがほとんどです。

 

 

 

f:id:naccoiro:20170320110558j:image

 

友人宅にお邪魔した時のご飯です。

 

 

お米がかなりボリューミーですよね笑笑

 

こっちでは、朝ごはんはほとんど食べず昼と夜だけの食事です。

 

 

ここにきて色んな人と出会いましたがどの人にも

 

「うちでご飯食べて!!」

 

と、お誘いがあるほど私を家に入れることをオープンに考えてくれました。

 

 

 

 どのお家も家族仲が良いのが印象的です。

 

 

日本では親を他人に紹介することや家に招くことを躊躇う人が多いと思います(私の周りでは)

 

 

一緒に出かけてた25歳の友人宅にお邪魔したら「風邪引いてるのにどこいってたの!」なんてお母さんに怒られるシーンを見るのも当たり前でした笑笑

 

 

なんていうか、つくってないんです。自分を。

 

ありのままって感じ。

 

 

 

 生活がすぐ隣にあって、日本では恥ずかしいことがこっちでは当たり前のように行われているのです。

 

 

ただそれがおかしいわけじゃなくて、生活しやすい環境により近いと私は感じました。

 

 

 

家があって親がいてご飯作ってくれてて番犬がいて友人を招待してくれる。

 

 

今思えば恥ずかしいところなんてどこにもないんですよね笑

 

 

逆に今まで何をそんなに恥じてたのか問いたいですよね笑

 

 

 

ただ、こんな幸せな暮らしをしている人ばかりではありません。

 

 

貧しい人はいます。

 

 

冒頭で申した通り手足の欠けた男性が道行く人に物乞いをしたり、華奢な子供がお金をせがんだり食べ物を欲しがったり。

 

 

 

首都であるカトマンズにいけば、そういったことをしている人を多く見かけました。

 

 

 

以前の地震でお寺は大体崩れており復旧までまだまだ時間がかかるような感じでした。

 

 

 

 

 

 教科書やネットで見る画像ではわからないその場の空気や町並みや人々の生活が、目の前に存在しています(当たり前

 

 

 

 

 なんていうか、出会う人に恵まれていたからかもしれませんがとてもあたたかい人が多い印象です。

 

 

上手く表現できないけど、どんな自分でも受け入れてくれる感じ。

 

 

わがままとか強がりとか泣き虫とか人見知りとか

 

 

いろんな自分を受け入れてくれている感じ。

 

 

 

 

出会った人に素敵な人が多かっただけかもしれませんし、今回の旅行だけで一概に決めつけることはできないんですけどね。

 

 

 

 

 もっともっと細かいこと伝えたいし、色んな話したいのですが勝手ながら指が疲れたのでこの辺りで終わりとさせていただきます。

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

あ、今日日本について思ったのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本寒くね!?!?

 

18才ワタシ異国の地に混ざり込む【帰国まで残り1週間程】

ネットを使える環境になかなかなくて携帯も役立たずって感じです。(Wi-Fiは1ヶ月借りようと思ったらすごく高かったからもうやめてやったZE!!Wi-Fiなんて別にホテルとか飲食店にちょこちょこあるしもう知らない!!!!!)

 

 

 

そんなこんなで、ここ数日は2人のお兄さんに色んなところを連れて行ってもらってます。

 

 

こっちの人は親の仕事を手伝いながらお小遣いで遊びに行ったりしてるようで、日本ほどなんて言うか厳しくないっていうか、必ずしもこうしなくてはいけないって事が少ない印象で、私を連れて行ってくれてる2人のお兄さんも25才前後で近くの国に写真撮りに行ったり山の上でバーベキューしたりスクーティーで色んなところいってるようで自由な感じでした。

 

 (日本だと25才にもなったら就職して上司の愚痴とかいってるだ…ry)

 

 

 

 バスで5時間ぐらいかけて道の悪い山道を登ったり降りたりして到着です。

 

 

 

バスは寝ちゃうからそんな大変じゃないんですけどねwwww

 

(ただ、途中の休憩時間をご飯タイムで30分と言われてても15分足らずでバスが出てしまうこともあったのでもし海外でバスに乗る事があるときは気をつけてください)

 

 

泊ったホテルはなかなかいい雰囲気でハンモックと手作りのブランコが置いてある良さげなところでし。

 

f:id:naccoiro:20170315225733j:image

 

 

こういう海外のホテル泊まると思うけどやっぱり日本のホテルは綺麗よね!シャンプーリンスは必ずついてるし、アミニティ(?)も高い確率でついてるもんね!!!

 

 

こっちはシャンプー歯ブラシ必ず持参ですシャワーもお湯が出れば上出来レベルです♪♪♪

 

 

 

 

 

 これでも安いホテルではないんですよ、、一応。

 

 

 

私は現地の友だちと行って、その友達がホテルとかとってくれたのでとりかたはいまいち分からないけど、現地の人の価格と海外から来た人の価格はまるっきり違うので、気をつけたほうがいいです。

 

 

ホテルで観光客用の値段払っても実際は払った店員のお財布に入ったりしてる事も多いです。領収書もらうのが一番いいのかも、、、

 

 

 

こっちでは、

 

 

「そんなことある??」

 

 

って思う事がたくさん!!

 

 

 

スーパーで買おうとした商品がエントリーされてない商品で買えなかったり、賞味期限切れてたり、値切るのが当たり前だったり 。

 

 

 

 

日本はすごく真面目だなと思う事がたくさんです。

 

決まりごとは決まりごとで、少し冷たいというかルールは絶対な印象。

 

 

だからと言って悪いわけでもいいわけでもないですが、国民性という言葉に尽きますね。

 

 

 

こっちでも、バスは日本の満員電車並みに混みます。

 

日本と違うと思ったのは、優先席がどのバスにもないこと。

 

 

でもね!!!でも!!

 

 

 

2人がけの席に3人で座れるように詰めてくれたり、子どもが乗って来たら膝に乗せたり、見知らぬ人なはずなのに積極的に接してくれるんです。

もちろんお年寄りが乗って来たら何人もすぐに立ちます。

急停止で転びそうになったときは席に座ってる人が手を掴んで支えてくれます。

 

 

 

なんかこういう所はなかなか日本に住んでてないことなのでとてもとても新鮮でした笑笑

 

 

 

残り数日楽しんで帰りますよ!!!!